« 台風21号とロンドン | トップページ | 樹木希林さん »

ぽっかりあいた時間

 ロンドン行きが台風で欠航になって飛べず一週間。もっといいことがあるだろうと思っていたら、本当にいいいことがいくつかありました。小さなことも含めて、うれしいなー。

 まずは、孫たち家族が冬に帰ってくることになりました。再会も近い!
それから、なかなか行けなかった、若い友だちのお店を訪ねました。阪急宝塚線の山本の八百屋「オーガニック・クロッシング」。山本へは、中山連山のハイキングの帰りに宝の湯に寄って、シャトルバスで山本によく出たので知ってた駅でしたが、何にもない駅と思ってたら、ステキな八百屋ができていました。青い壁がオシャレ。迎えてくれた、Dくんと久しぶりにゆっくりおしゃべり、美味しいコーヒーも入れてくれてありがとう。
 
 うちできれていた野菜を少し仕入れて、次は池田のみくり食堂へ。ついでに頼まれたお豆も配達することに。役に立ったぞ!ランチタイムが終わって休憩中のSちゃんと、またおしゃべり。日本酒とちょこっとおつまみをもらい、いい気持ち。話はつきないわー。秋からのいろんな計画も話し合って、なんかできそう!
 次の日は、中之島にあるCO-BAというシェアー・スペースの仕事を最近はじめたN君に会いに。前の中津の職場にも行けなかったので思い切って行ってみた。とにかくユニークな彼は、いつも動き回って、どこかを旅してます。こんなスペースにじっとしていられるのかなと思ったら、やっぱりいろんな計画があるみたい。赤ちゃん連れで仕事している女性がい
て、まだ7ヶ月のかわいいUちゃんを抱っこしたり、元気をもらえました。
 若い人たちに会って話すのは、いろいろ刺激をもらって楽しいし、危なっかしいと思ったりもするけど、わたしにも、昔はいろいろアドバイスしてくださった方々がいて、あらためて感謝でーす。
 
 それとやっぱり映画を何本か見ました。なんかイギリス映画はないかと探してたら、あったあった「輝ける人生」これが最高によかったのです。まるでロンドンに行ったみたいだったし、ナロウボートも出てきて、こちらも、ロンドンでナロウボートに住んでる友達を訪ねるつもりだったので、その気になれてうれしかった。この映画には、大好きな役者がいっぱい出ており、いかにもイギリス映画らしく、まして私たちの世代にピッタリでテーマで胸がキュンとしましたね。もっと自由でええんやーと。再確認。今週で終わりそう。。。
 
  もう一本は「ディーヴァイン・ディーバ」ブラジル映画。1960年代の軍事政権下、自由と人権を守った、ドラッグクイーンたちのドキュメンタリーです。2014年に開催された女装家たちのデビュー50周年の祝賀イベントをベースに、その舞台の裏側や、彼女たちのさまざまな人生を、インタビューや資料映像でつないだ作品。あの時代、自分の生き方を投げ出さないで生きてきた彼女たちの力強さと哀しみに、限りないパワーをもらった映画でした。
「誰にも、権利はないのだ、私を批難したり、裁く権利は。言っておきたい、この世界に生まれたすべてにそう在る意味があるのだ」こころに刺さることばです。
 
 この流れで、ぜひ見てほしい映画があります。こちらは試写で見たのですが、もうすぐ公開します。「愛と法」日本のドキュメンタリーです。ゲイの弁護士カップルの、なんとも愛しい日常生活。そこには、普通のマスコミや情報からでは得られない、マイナーで優しい人たちの世界が、そこで闘う人たちのパワーがあふれています。これは説明するより見て感じてまわりに広げてほしい世界です。9月22日(土)シネリーブル梅田公開。
 
 その前にには「妻の時、娘の時」が15日から同じくシネリーブル梅田で公開されます。
こちらは、台湾の女性監督シルヴィア・チャンの作品。お墓をめぐる話で、母娘三代にわたる思いを描いています。今ホットな話題のお墓問題もアジア共通なんですね。身につまされたり驚いたり、等身大の映画です。
 
 とまあ、こんないい映画に出会えるのも、日本でのぽっかり空いた時間のおかげです。ほかにも小さないいことはいくつかあって、なかなかよき9月となりそうです。(せ)
 
 
 

|

« 台風21号とロンドン | トップページ | 樹木希林さん »

コメント

読んでいて、あなたの目まぐるしい動きにこちらの目が回りそうです。
疲れないのかなぁ・・と思ったりしてます。

映画「愛と法」のチラシ、今秋のチッソ水俣病事件の集会(10/14)のお知らせに同封させてもらってます。
編集者の秦岳士さんが直接に持参されましたのでね。
すでに予告編を見た方から、「ぜったいに見たいと思ってた!」と返信がありましたよ。
私も見るのを楽しみにしてます。

この夏はほんとに暑かったから、暑気払いで映画や芝居、落語にライブと私なりに過ごしてきましたが、人の繋がりってやっぱり大切です。
思いがけないお声がかかってきて、コスタリカへいけることになるかもしれません。
わが人生も終盤に入ってますから、うかうか暮らしてられません。いきたいとこへ行くんや!の気概で日常を過ごしたいと思います。

投稿: とんび | 2018年9月15日 (土) 08時23分

とんび姐さん
コスタリカいいですね!ぜひぜひお出かけください。わたしも行きたい所がどんどん出てきて困ってしまいます。
今日は朝から店番をして暑かった!もうパン屋はできへんなーと思いました。懐かしいお客様との再開は楽しかったですがね。
今夜は俳句会、久しぶりで楽しみです。
そうそう秦岳士さんと会いましたよ!時間なくてインタビューはできなかったけど、好青年ですね。わたしも宣伝しまくってます。10月からはおはなし会が本格的にスタート、こんなに遊んでいられません。イエーイ!子どもたちよ待っててね(せ)

投稿: | 2018年9月15日 (土) 14時23分

愛と法、見てきました。
久しぶりの梅田で緊張しましたが、映画を見終わったら、肩の力が抜けていました。
生き方は自由、なんでもありやー。
でも、映画はなるべく七ゲイで見たいです。

投稿: パン食い協奏 | 2018年10月 3日 (水) 15時46分

パン食い協奏さま
がんばって梅田詣ごくろうさまでした。
「愛と法」よかったでしょう!どんなことばよりも、あの二人の自由さと優しさは、固まりかける心をとかしますよね。最後に養子縁組の世界に行くとは、すごいですね。
ほんまに、もっと自由でいいんですよ。ましてもうここまで来て、あとは樹木希林さんのように、あっちへいくだけですから。。。ごきげんよろしゅうに(せ)

投稿: | 2018年10月 3日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419763/74202795

この記事へのトラックバック一覧です: ぽっかりあいた時間:

« 台風21号とロンドン | トップページ | 樹木希林さん »