« 開いた口がふさがらない。。。 | トップページ | 映画「ゲッべルズと私」 »

巨星逝く

 4月に半ばにイギリスから帰って、何やかやバタバタしており、あやーもう五月なんやと言ってるうちに、悲しい知らせが続きます。

 
 まず昨日、絵本作家の「かこさとし」さんが92歳で亡くなられたのを知り、今朝は、イタリアの巨匠「エルマンノ・オルミ」監督が86歳で亡くなられたと知りました。それぞれ大好きな世界から、偉大な方が次々亡くなられ淋しい限りです。
 かこさとしさんは「だるまちゃんとてんぐちゃん」シリーズで有名な絵本作家です。わたしはかこさんの化学絵本が大好きで、わがやにもボロボロになってまだでんとあります。たまたま、ロンドンの次男の家で、パートナーのなっちゃんがポンと机に置いてあった「未来のだるまちゃん」を読みだして、おもしろくてとうとう帰るまでに読んでしまいました。いやーすごい人なんですね。この世代の人が、戦後の子どもたちに本物の文化を伝えたいとがんばられた。瀬田貞二さんなんかもそのおひとりですね。おかげで、日本の子どもたちにも楽しく豊かな世界が訪れました。帰国したら、もう一度かこさん絵本を読もうと思ってたやさきです。今わたしの机には「加古里子 絵本への道」があります。
 もうひとりの監督は、もう大好きな監督で、もちろん「木靴の樹」で有名なのですが、わたしは一番最近見た「緑はよみがえる」も、ちょっと前の「ポー川のひかり」も、人生ベストのなかに入れてもいいかなと思うくらいの作品たちです。あのひょうひょうとした雰囲気が、あんなに深い映画を作られる。すごいです。
 
 お二人とも、戦争への熱い思いや自然への深い洞察。芯の通った生き方をされた方でした。そして、なにより子どもの味方、庶民の味方の方でした。残念ですが、しっかり人生を全うされ、頭がさがる思いです。
 毎日、暗くおどろおどろしいニュースが届くなか、悲しいけれど、胸がすっとして背筋が伸びる知らせに、身が引き締まりました。
 5月、山は新緑に新しい花々、素晴らしい世界をくり広げてくれています。感謝します。(せ)

|

« 開いた口がふさがらない。。。 | トップページ | 映画「ゲッべルズと私」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419763/73447709

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星逝く:

« 開いた口がふさがらない。。。 | トップページ | 映画「ゲッべルズと私」 »