« 2018年スタート | トップページ | 映画・二本 »

寒い冬

 いやはや長のご無沙汰でした。大阪の冬てこないに寒かったんかいなーと。ブーブー言いながら日々過ごしているうちに、はや3月弥生がそこまで来ております。

 
 仕事をほぼ離れたというのに、なんやかや忙しいというか、相変わらず、ひとつひとつやることを、こなしているという感じです。そんなに大したことではないのですが。。。
 お伝えしたいこと多々ありつつ、日々流されておりました。まず、展覧会をひとつ
★現れよ。森羅の生命ー木彫家「藤戸竹喜の世界」 
    万博公園内・国立民族学博物館・3月13日(火)までです。(65歳以上割引あり)
 
 アイヌの木彫りと言えば、みやげもの屋さんのクマ。子どもの頃、両親が北海道に行ってお土産に買って帰ってくれたり、なぜか近所の人が行って来たからともらったり、家にはクマが何匹もいました。きっとわたしは、ぬいぐるみのクマさんよりも早く木彫りのクマに出会っていた気がします。黒く光ったカッコいいクマたちでした。
 藤戸さんの熊はもっと自由です。強そうだったり、やさしかったり、可愛かったり、リラックスしていたり、置物ではなく、命が吹き込まれています。圧巻は等身大のアイヌの長老の男性や女性。その表情のリアルさに見入ってしまいます。世界中で人物像を依頼され創っておられます。一番心に突き刺さったのは、オオカミの物語です。日本オオカミは家畜は襲っても人は襲わなかったのに、人間によって絶滅させられてしまいました。ケモノ偏に良いと書いて「狼」です。悲しいオオカミの物語でした。一般展示の中の狭い空間でしたが、見る人は黙って作品と向き合っていました。お時間があればぜひお出かけください。
★「ハーレムの闘う本屋ールイス・ミショーの生涯」
  ヴォーンダ・ミショー・ネルソン著/イラスト R・グレゴリー・クリスティ/ 原田勝訳
 1939年ニューヨーク・ハーレムに、たった5冊と100ドルから始めた、黒人が書いた黒人のための本屋を開いた、ルイス・ミショーの物語です。
 まず、本のサイズはA4、装丁も斬新で目を引きます。2015年の高校生の課題図書だったというから驚きです。気になっておりずっと読もうと思っていたのですが、なかなか手にとらず、今回子どもの本の読書会の課題図書でやっと読み、ひっくり返ったということです。
ほんとに感謝!珍しくメンバー全員一致で素晴らしい本だったとなりました。
 なかみも年ごとに分けられており読みやすく、アメリカのひとつの歴史の本でもあります。またルイス・ミショーについても、本人だけではなく、家族やいろんな人の声が紹介され、作者が15年もの時間を費やして書いたことがよくわかります。
 こんな人物がいたことは知りませんでした。なによりうれしかったのは、大好きな詩人「ラングストン・ヒューズ」も、その本屋によく通っており、あのマルコムX も常連だったらしく、彼の精神的経済的な支えになった人だったそうです。いやはやまいったなー
 そしてルイス・ミショーがなんとも肩のはらないというか、ええおっちゃんなのです。
 本棚にホコリをかぶったラングストン・ヒューズの詩集や、「天使のいざこざ」や伝記などなどを引っ張り出してきて、若いころを懐かしみました。やっぱり彼の本だけは売り飛ばさずに置いてあったんやなーと。読書会にちょっと持って行ったりして、、、うれしかったです。40年くらい前に買った本です。すべて晶文社で木島始訳です。
 
 なんか、あの頃の自分となかみはあんまり変わってないのになー。外はかなり変わったけれど。。。でも年取るのもええ感じですね。本のホコリをはらいながら思いました。
 個人的な話はさておいて、課題図書になったくらいですから図書館には必ずあります。ぜひ手に取ってみてください。FBIの資料とか写真とかもたくさん載っています。
 「わたしは、<いわゆる二グロ>ではない。いわゆるとつけたのは、二グロは物であって、人間ではないからだ。これは作られたことばだ」「黒人よ自分たちのことを知ろう。歴史を学ぼう」と呼びかけるルイス・ミショー。素晴らしいことばがきらめいています。
 これらのことばは黒人だけでなく、まったく今のわたしたちにも言えることです。作られた言葉でなく、自分のことばで話そう。歴史を知ろう。でないと社会はひどいことになってしまうから。。。
 本を読むことの大切さ、それを届ける本屋や大人たちの大切さ、色んなことを教えてくれます。そしてルイス・ミショーは、おもしろく魅力的なおじさんなのです。イエーイ!
 今日はこの辺で、また近いうちに書くと約束します。でも実際読んでくれてる人がいるのかも、心配なのですが。まあ、誰かにどこかに届けばいいと思ってまーす。(せ)

|

« 2018年スタート | トップページ | 映画・二本 »

コメント

記事は、面白く読んでいますが、ご紹介の本や映画を見るエネルギーがなく、コメントを書けていません。
ぜひ、続けて書いてくださいね、イェーイ!

投稿: パン食い協奏 | 2018年2月21日 (水) 20時40分

パン食い協奏さま
いつもありがとうございまーす。よろしくでーす!
(せ)

投稿: | 2018年2月23日 (金) 08時53分

読んでまっせー

投稿: | 2018年2月26日 (月) 23時02分

おおきにー(せ)

投稿: | 2018年2月27日 (火) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419763/72968609

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い冬:

« 2018年スタート | トップページ | 映画・二本 »